水素水で活性酸素を取り除き、健康的な毎日を・・・

電解還元型水素水は、水道水を電気分解によって生成した最も古くからある水素水です。

 

電気分解する電極には、チタンを白金でメッキしたものが多く使われていますが、九州大学の白畑教授は、白金が微量ながら水の中に溶出していることを突き止めました。この白金ナノ粒子には、最も激しいヒドロキシラジカルという活性酸素を消去する機能と水素を活性水素化させて水中で共存する機能があることを突き止めました。電解還元型水素水には、ナノ化したミネラルと最も活性酸素を消去できる活性水素が共存し、この両方で最も凶暴なヒドロキシラジカルを消去できる事が解っています。

 

電解還元型水素水には、高性能浄化フィルターを備えた塩素など13種類の有害物質を取り除く、比較的高価な水道直結型卓上式水素水生成器と縦型サーバー式が存在します。また、サーバー内で電気分解して水素を取り出し、他の飲み物に水素を注入出来る卓上タイプのサーバーやバッグに入れて持ち運びできるスティックタイプのもの、ボトルタイプのものが存在します。それぞれについて、長所や短所を考えてみます。


高性能フィルターを備えた比較的高価な電解還元型水素水生成器

高性能浄化フィルターを備えた水素水生成器は、水道直結式ですので、置き場所は、キッチンに限られてしまいますが、世界でもトップレベルの安全性を誇る日本の水道水から、塩素を含む13種類もの有害物質を取り除いた水を電気分解しますので、とっても安心して飲める水素水です。水素濃度は、1.6ppmと高濃度な水素水を飲むことが出来ます。

 

私が、購入した頃には、45万円位しましたが、現在は、30万円前後で購入出来るようです。そのコストパフォーマンスは、5年償却でフィルターを5回交換すると考えて、合計で35万円前後になります。電気代は、無視しても良い程度ですので、1日194円、1日に4.0リットルの水素水を生成すると考えると、1.0L当たり50円程度で水素水を飲むことが出来ます。

 

長所としては、以下のようなものが考えられます。
○ 電圧を変えることで、弱アルカリから強アルカリの水を生成することが出来ます。
○ 生成された水素水中に含まれる水素濃度は、1.6ppmです。
○ 比較的値段の高いものは、高性能な浄化フィルターを備えているので、塩素をはじめとする
  13種類の人体にとっての有害物質を除去してくれます。
○ 家庭用の100Vの電源を使用して電気分解するため、できあがる電解還元水は、比較的安
  定したものが、生成されます。
○ 強アルカリ性を示す水を生成出来るものもあり、食器の油分を分解したり、同時に強酸性水
  も生成されますので、台所の殺菌とか、食品の殺菌に使用できます。
○ 家庭用医療機器として厚生労働省から承認されています。

 

 

また、逆に次のような短所を持っています。
○ 値段にかなりの差があり、安いものは、5万円前後から高いものは、40万円もするもの
  が、あります。
○ 水素水生成時に同時に酸性水が生成されてしまうため、この酸性水は、排出されて無駄なも
  のになります。ただ、強酸性水は、殺菌効果を持っていますので、台所の殺菌や食品の殺菌
  に使用できます。
○ 電気代が掛かってしまいます。
○ 水道直結式が、大部分なので、水道があるところでしか使用できません。
○ 水素水として生成された直後が、最良の状態で、後は時間と共に水素濃度が下がり、還元力
  が下がってしまいます。

 

卓上式水素注入タイプ

このタイプは、電解還元型とはちょっと異なります。水を電気分解するのは同じなのですが、器械の中に電解補助液を入れ、電気分解された補助液から水素を取り出し、その水素を他の飲み物に注入することが出来ます。なので、熱いお茶やコーヒー、オレンジジュースなどにも水素を注入することが出来ます。水道に直結する必要が無いので、どこへでも持ち運べます。水素濃度は、1.0ppmと高濃度な水素水を作る事が出来ます。

 

特長は、以下の通りです。
○ 熱いお茶やコーヒーなど、何でも水素水にすることが出来ます。
○ 水道直結式のように工事費が一切、掛かりません。卓上で水素水を作る事が出来ま
  す。
○ 水素のバブリング時間によって、水素濃度を変えることが出来ます。
○ 水素濃度が下がっても、もう一度、水素を注入することが出来ます。
○ お手入れが簡単です。

 

 

また、以下のような短所が考えられます。
○ 最初の購入費が高価です。
○ 水素のバブリングに少々、時間が掛かります。
○ 電解補助液を別途、購入する必要があります。

 

携帯式電解還元型水素水生成器

電解還元式携帯型水素水生成器には、スティックタイプのものとボトルタイプのものがあります。両方とも気軽にバッグに入れて持ち運ぶことが出来ます。

 

スティックタイプのものは、レストランの水やペットボトル入りの天然の美味しい水などを簡単に水素水に変えられます。

 

ボトルタイプのものは、ボトルの中にどんな水でも入れられますので、天然の美味しい水や水道水でも簡単に水素水に変えることが出来ます。また、熱いお湯でも水素水に変えることが出来ます。

 

両方とも購入金額は安いのですが、耐久性に少々、不安を覚えます。

 

 

 

 


電解還元式携帯型水素水生成器の長所。
○ どこへでもバッグに入れて簡単に持ち運ぶこと
  ができます。
○ 熱いお湯でも水素水に変えることが出来ます。
○ とっても経済的です。
○ 両方とも発生する水素を目で確認できます。
○ 時間を変えることで、水素濃度を変えられま
  す。

 

 

電解還元式携帯型水素水生成器の短所
○ 耐久性に少々、不安があります。
○ フィルターを備えていないので、水道水の水素水化はオススメできません(ボトル式のもの
  は、塩素臭のみ低減出来るようです)。
○ 水素濃度があまり高くありません。
○ スティック式のものは、電池交換が必要。ボトル式のものは、充電式なので2〜3年程度で
  電池の買い換えが必要です。
○ ボトル式のものは、容器が洗いにくい。

 

電気分解式縦型水素水サーバー

水素水サーバーは、電気分解方式です。下図のように、一般的な水素サーバーは、電気分解した水素水を、一旦、タンク内に貯蔵しますので、時間と共に水素濃度は、下がってしまいます。しかし、「最強の家庭用水素水サーバー」は、フィルターを通して濾過した水をタンク内に保存し、飲みたい時にタンク内からの水を電気分解しますので、いつでも出来たての水素水を飲むことが出来ます。

 

 

レンタル出来るところが他の水素水生成器と違うところです。また、自動洗浄機能がついていますので、常に安全な水素水を飲むことが出来ます。

 

電気代を考慮しなければ、1日当たり、200円程度、1日4.0リットルの水素水を生成するとして、1.0リットル当たり、50円程度なので、経済的です。

 

 

電気分解式縦型水素水サーバーの長所。
○ 大人数でも対応できます。
○ レンタル出来るものが多い。
○ 高性能なフィルターを備えているので、安心して水素水が飲めます。
○ お湯が使えるものがほとんどです。
○ 自動洗浄機能を備えていますので、常に清潔に保てます。

 

 

また、欠点は、次のようなものがあります。
○ 水道直結型なので、水道がある場所しか、取り付けられません。
○ 水道接続工事費が発生します。
○ 一般家庭の場合、置き場所が難しい。
○ 電気分解したものをタンク内に保存するものが多いので、水素濃度がはっきりしませ
  ん。
○ 初期購入費用が大きい(レンタルの場合は、別)。

 

 

関連ページ

ミネラル還元型
10年以上、水素水を飲み続け、身体に大きな変化を感じましたので、もっともっと水素水の神秘性を皆様に知っていただきたくていろいろな水素水をご紹介します。
工場封入型
10年以上、水素水を飲み続け、身体に大きな変化を感じましたので、もっともっと水素水の神秘性を皆様に知っていただきたくていろいろな水素水をご紹介します。
水素風呂
10年以上、水素水を飲み続け、身体に大きな変化を感じましたので、もっともっと水素水の神秘性を皆様に知っていただきたくていろいろな水素水をご紹介します。
水素サプリメント
10年以上、水素水を飲み続け、身体に大きな変化を感じましたので、もっともっと水素水の神秘性を皆様に知っていただきたくていろいろな水素水をご紹介します。

電解還元型水素水 ミネラル還元型水素水 工場封入型水素水 水素風呂 水素サプリメント