水素水は健康・美容・ダイエットにと大活躍!

虚血性大腸炎で入院してしまいました。

2019年、いよいよ平成最後の年がやってきました。早いもので、2019年も早、2月。

 

実は、2月5日にお腹が痛くてたまらなくなり、職場を休ませていただき、病院に行きました。私としては、ただの腹痛だろうと安易に考えていました。すると、病院に到着するなり、トイレに行きたくなり大便をすることにしました。固形の便は出た感触がなく、液体がどろどろと流れ出た感じがしました。覗いてみるとどす黒い鮮血が出ていました。便は全く出ずに鮮血のみが出ていたのです。

 

慌てて受付に行き、そのことを伝えると優先して診察を受けることになりました。その結果、先生から告げられた内容は「緊急入院!!」です。私としては、薬だけをもらってすぐに職場に復帰する予定だったのですが、今日で入院して2週間が経過してしまいました。

 

 

入院の原因は、虚血性大腸炎。実際に自分の大腸の画像を見せていただきましたが、酷いものでした。大腸の粘膜全体が浮き上がったようになっており、大腸全体から出血していたのです。病院の先生もここまで酷い虚血性大腸炎はちょっと珍しいといわれてしまいました。

 

今日で入院してから2週間が経過したのですが、私の勤めている会社から職場復帰はいつ頃になるか報告するように言われています。しかし、大腸の写真の状況から言って先生もいつ頃退院できるか決めかねているようでなかなか退院時期を教えてもらえませんでした。

 

しかし、いよいよ今日の回診で先生が、「明日、検査をしてよければ退院しようか」と言ってくれたのです。とてもうれしかったのですが、私としては、不安も頭をよぎっています。というのも便が、焦げ茶色と黄色の混じったものが出ているのです。もしかして血便なのかと思い、心配でたまりません。明日の検査が不安でなりません。

 

早く退院して職場に復帰したいものです。


page top